賢く不動産投資を行なう|セミナーで情報ゲット

住宅

慎重な物件選びが必要です

一軒家

最初は少額の投資から

不動産投資として皆さんはどの様な投資を考えているでしょうか。多くの方が思いつくのはワンルームマンションを購入して賃貸する投資が真っ先に浮かぶのではないでしょうか、ワンルームマンションの経営は一棟丸ごと購入する場合と各部屋を一戸ずつ購入する方法があります。一棟の場合には購入資金も高額となってしまいますが、その中の一室となると少額でも購入することが可能なので投資する場合に、投資リスクが減少し不動産投資がし易くなります。家賃収入はサブリース等の契約によって保障されているので安心で、最近の低金利時代には考えられない利回りとなっています。返済終了後には毎月一定額の家賃が入ってきますので、副収入として少なくなった年金の足しになるでしょう。

都市部の便利な所が人気

不動産投資は低金利のこの時代には良い投資方法なのですが、物件選びは慎重にしなければなりません。人口減少や少子化もあり借り手が少なくなる時代ですから、立地や交通の便が良く買い物や通勤にも便利な物件を選ぶようにして下さい。立地の良さは購入金額も高くなってしまいますが、退去されて空室になったとしても立地と便利さで直ぐに借り手が表れるでしょう、また、建物が古くなった場合も同様です。これが郊外の場合だと新築時は良いが古くなってくると家賃を下げても入居者が入らない場合も有り、最近の不動産投資は立地と交通の便が良い都市部に集中してきています。その為物件選びは他人任せにせず自分でも物件を観て借りたいと思うような所にしましょう。