賢く不動産投資を行なう|セミナーで情報ゲット

住宅

安定した副収入源

家

斡旋業者による好条件

長らく続く景気の低迷に伴う現状の経済的な困窮や、年金制度の将来への危惧などによる将来の備えに対する不安から、中長期的に安定した副収入を得ることに対するニーズが高まっています。中でも就業規則によって副業を禁止されているサラリーマンなどを中心に安定した副収入源として人気を集めているのが不動産投資です。サラリーマンを中心に不動産投資の裾野が大きく広がった理由は2つあります。1つは、ワンルームマンションへの投資など、比較的安価な資金でも投資ができる点です。そしてもう一つは、対象物件さえ購入すれば一切の管理に加えて空室リスクの担保までしてくれるという条件で不動産投資物件を斡旋する業者の存在です。こうした斡旋業者の存在によって、オーナーは売却時の見極めや手続き以外、一切の手間をかけずに副収入を得ることができます。こうした利便性が、日頃の忙しさと就業規則によって副収入を得る手段が制限されるサラリーマンに人気を集めている理由なのです。

中古物件の供給過多

日本の不動産市場は売買物件であっても賃貸物件であっても、新築物件を筆頭に築年数の浅い物件ほど需要が集まるという明確な傾向があります。そのため、不動産投資の対象物件はどのような物件であってもいずれどこかのタイミングで収益力を失うのです。ですから、不動産投資においては引き続き保有し続けて得ることが期待できる賃料や売却益などの収入の合計額よりも、その時点で売却することで得られる売却益の方が高くなった時点で対象物件を売却すべきなのです。そして、不動産投資を行う上ではこうした適切な売却時期の見極めが最終的に利益を残す上で大きな比重を占めるのです。だからこそ、予め投資対象の物件を購入するか否かを判断する時点で、その物件を売却する時期と、その時期に売却することで期待できる売却額に関する的確な売却計画を策定しておくことが肝要なのです。そして昨今の不動産投資が大きく裾野を拡大したことで、近い時期に購入された多くの新築物件がある時期に一斉に売りに出される事が推測されます。ですので、もし現在不動産投資のための新築物件の購入を検討する場合には売却計画における売却価格を厳しく見積もっておくことが肝要なのです。